レディー

プチ整形で作るソッコー美人|ヒアルロン酸注射で安全に変わる

老け顔リスクを解消する

婦人

美容医療で改善が可能

加齢とともに頬がたるんでくる現象は、女性にとって悩ましいものの1つです。実年齢以上に老けて見られがちなうえに、顔全体がどことなく暗い印象になってしまいます。頬のたるみは、顔面の筋肉が衰えることと肌の弾力性が衰えることで発生します。また、肥満によって頬に蓄えられる脂肪の量が増えることも原因の1つに数えられています。多くの場合これらのいずれかが単独の原因となるのではなく、それぞれが互いに関係しあって引き起こされると考えられています。頬のたるみは美容整形によって改善できることが従来から知られていましたが、これまでの治療法は皮膚を切開して引っ張り上げるという外科手術によるものがメインでした。そのため顔にメスが入ることに不安を感じて治療を躊躇する人も少なくありませんでした。しかし現在では、もっと手軽な治療法も実用化されています。一般的な認知度が高まるにつれ、今後は治療希望者も増加するものと考えられています。

メスを使わずにハリを復活

頬のたるみを解消するための治療法として代表的なものが、フェイスリフトです。これは頬全体を上方に引っ張り上げて固定するというもので、先にも述べたとおり以前は切開手術を伴っていました。その方法は現在でも行われていますが、最近では時間が経つと自然に吸収される特殊な糸を使ってリフトアップするという技術も開発されています。これだと極細の針を通すだけで、メスを使うことがありません。一方、肌の弾力性をよみがえらせることで頬のたるみを解消する治療法としては、レーザー治療や高周波治療があります。これは熱エネルギーや振動エネルギーで皮膚細胞を刺激し、ターンオーバーを促してフレッシュな細胞へと生まれ変わらせるというものです。